かたつむりノート

パソコンとか生活の備忘録

Sublime TextでDreamweaverのCtrl+t (選択してタグで包む)を再現する

time 2017/06/17

Sublime TextでDreamweaverのCtrl+t (選択してタグで包む)を再現する

Dreamweaverの便利機能にctrl+tで、タグを囲める機能があります。

SublimeText3だとShift+Alt+wでほぼそれに近いことが出来ます。

デフォルトでpでラップされますが、BSで消して編集すれば、開始タグと終了タグの両方に反映されます。

そのままclassやidを打っていってもちゃんと良いようにしてくれるので、ほぼDreamweaverctrl+tと同じ使用感です。

ctrl+tに割り当てたい場合は、
PreferenceKey Bindingsから設定画面を開き、ユーザー設定の方に↓を追加して下さい。

{ "keys": ["ctrl+t"], "command": "insert_snippet", "args": { "name": "Packages/XML/Snippets/long-tag.sublime-snippet" } },

sponsored link

down

コメントする




このサイトについて

日頃調べて解決したこととか思った事とか徒然なるままに投稿していきます。



sponsored link